四方山話:祝!MotUもといFSoG日本公開

お久しぶりでございます~。長らくMIAでしたniemamaでございます~。
アメリカから帰国後、ワーキングマザーとなりまして、
それから(仕事以外)パソコンとネットから離れた生活を送っておりまして、本サイトも不在がちとなっておりました。。。
フィードバックの返信および管理業務をおろそかにしていて大変申し訳ありませぬ。
子育て、仕事、それからさらっとここで愚痴らせていただきますが、末期のアルコール依存症でどうしようもないことになっている母親の世話の間をかいくぐって、できるときにはまたアップさせていただきますです。

さてさて、Fifty Shades of Grey。

映画化!

ってだけでもすごいのに…

日米同時公開!!

…まじっすか~。

クローゼットに隠れながらこそこそ連載を追っかけていたころが嘘のよう。
私の住む地方都市でも見られるのですよ。自慢じゃないですが、30㎞四方に映画館一つ。
よっぽどの話題作じゃないと公開しないのですよ。そりゃあもうコナンとかルパンとかドラえもんとかそんなんばっかり。

それが!

妖怪ウォッチ! ムーミン! アニー!

と並んで

フィフティシェイズオブグレイ!!

…こんな日が来るなんて。(そっとハンカチで目頭を押さえる)

さてさて、前置きはこれくらいにして。
感想を述べさせていただきます。
映画好きの客観的な目と、ピンクの眼鏡で曇ったFoSGの目線と並行して書かせていただきます。

まず…。

見終わった後の感想は、

「DVDで見りゃよかった・・・・。」

でした。

いやいや、そこそこ面白かったんですよ。その辺は後で述べさせていただきますが。
何が不満かってね。映像美を壊す黒いブラックホールが多すぎて…。

あれ何でですかね?日本だけ?映倫ってやつ?
うつくしい男性や女性の裸体というのはそれだけで美だと思うんです。私。
法律的にいろいろあるのでしょうが、美しくエロティックなシーンが、
黒いアレが出てきた途端、卑猥で下劣に見えてしまうのは私だけ?

物語的にも、ムード的にも一発でアウトー!な修正でした。せめてボカシにしてほしかった。。。
(特にベッドポストからの俯瞰のショットなんて、股間と一緒に顔も隠れてしまって
アナの頭がなかったら何やってるんだかさっぱり。ハア?って感じですよ!)

ぜひ無修正版を見せていただきたい。これから見る方、ディレクターズカットをお勧めします。

内容的には、映画好きの目から見ると、「意外にいいじゃん」という感じ。
ハチャメチャな原作を無理やり映像化してもう笑うしかない状態になってしまった「エクリプス」などとは違って、うま~くきれいにまとまってましたね。
映像も美しかった。あの過激なお道具も、お部屋も、シーンも、実にうまく導入していて、
ある意味独特のロマンチックな雰囲気を作り出していました。

お尻ペンペンシーンなんか実写化されたら絶対笑っちゃうかと思ったんですが、
(原作でさえちょっと笑ってしまった)
笑えなかったですね。主人公二人の真実味のある演技と、映画全体に流れる独特のムードで。

契約についてメールで交渉するシーンも、会議室でのビジネスミーティングという設定を取り入れて、これまたコミカルかつ効果的な導入でした。

女性監督?なのかな?下手したらただのSMアダルト映画になりそうな内容を、
美しく官能的な独特のカーマ・スートラ風な映画に仕上げてくれました。

ただ、内容が映画にするにはあまりにも薄すぎて、1800円かけて大スクリーンで見る価値あるかというと答えはNOです。
(今回niemamaは割引使って1100円で見たのでダメージは少なめ)

ラブロマンスというよりかは、ロマンポルノ。

ビデオで借りて、子供や旦那に隠れてワイン飲みながらこっそり見たい作品です。

 

さてさて、FSoG好きの視点の感想はというと・・・。

 

 

いいじゃん!いいじゃん!グレイ、ありあり!

 

グレイ役のジェイミー・ドーナンさん。

最初はその前髪くるくるカールが気になってしょうがなかったんですが、
作品が進むにつれて、もうこの人でしかこの役は想像できないくらいまで
(私の中では)ハマってきました。

ロブよりボマーよりいいと思いますよ。端正な顔立ちの中に
精悍な野性味と、丁度いい分量の男くささとが共存してます。
破れジーンズがよくお似合い。
テーラードスーツもよくお似合い。
個人的にはフロッガーふるうシーンがお気に入り。
「BDSM監修」とかいるんでしょうか?いるんでしょうね。
手つきが妙にプロっぽいですもの。

ダコタ・ジョンソンもよかった。

最初のもっさりした女子大生の雰囲気もよく出てたし、
滑舌が悪いところも、おどおどしたところも、
そして決してスーパーナイスバディとは言えない体
(いやそれでも十分美しいのですが)も、映画全体のリアリティを
上げてくれました。

お若いのに文字通り裸一貫で体当たりの演技。
しかし決して行き過ぎるところもなく、
他の人がやったら笑っちゃいそうなシーンも
ゴクンと息をのんでしまいました。

それにしても、原作読んで気になってしょうがなかった数々のお道具や家具のビジュアルが
大画面で一つ一つチェックできたのはうれしかったですね。
私、キンドルで読んでいたので、言葉の意味は調べても、お道具のビジュアルまでは
検索することをせず(PC立ち上げるのが面倒くさくて…)、勝手に頭の中で想像するのみだったのです。

レッド・ルームの天井の格子とか、例のお尻ペンペンベンチとかも、「へ~こうなってたんだ~」
フロッガーや鞭使いも、「へ~こうやって使うんだ~~~~」
長年気になってしょうがなかった謎がいくつも一遍に解けて、非常に満足感のある体験でした(笑)。

エスカーラやチャーリー、グライダーも、実写で見ることができてうれしい限り。

後はミセス・ロビンソンが誰になるのか楽しみですね。

もし、続編ができればですが…
(すっげークリフハンガーのまんまなのであのまま終わるとは考えにくいですが、ありえそうですね(汗))

ps冒頭の、グレイ氏がネクタイを選ぶシーンで、ネクタイが何本も何本もあるんだけど、全部グレーなのに笑いました(笑)。オバQか!

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

ホームセンターも臨戦態勢? 映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』公開へ!

いよいよMaster of the Universe改めFifty Shades of Grey(以下FSoG)が、ブロックバスター映画に姿を変えてスクリーンに登場します。Twificファンのみなさん、お元気ですか~? 🙂

小説版が発売されたときも大騒ぎでしたが、映画はその比ではありませんね。特に興味がなくとも、ネット、テレビやラジオのニュースやトーク・ショー、雑誌、スーパーボウルのCM、パロディなどなど、どこを向いてもFSoGの話題から逃れられません。こんな状況では“If you can’t beat ‘em!”--というわけで、映画版FSoG記念の号外です!

Spongebob Squarepants film posters spoof Fifty Shades of Grey (Photo: independent.co.uk)

Spongebob Squarepants film posters spoof Fifty Shades of Grey (Photo: independent.co.uk)

実はさきほど、何か面白そうな記事がないかとHuffington Postを覗いてみたのですが、関連記事があまりに多く、まわれ右をして引き返してきました。さすが世界中で売れに売れたビリオンセラー小説です。

ただし、日本での売れ行きだけはイマイチだったと、作者が認める。
Fifty Shades of Grey author EL James: ‘I had to fight for a lot of things really hard’ | Telegraph

Have the books had similar success all over the world?

Except in Japan. It’s doing OK in Japan, but women don’t talk to each other there. They’re so private about what goes on in the bedroom. That was interesting.

E. L. Jamesさん(とたぶんマーケティング・チーム)の分析が正しいのか、興味深いところではあります。加えて、うちの近所にあるTSUTAYAの海外文学コーナーを判断材料にしていいなら、ジャンルとしての翻訳文学が低迷の一途をたどっています。 😥

映画監督と原作者の激しい攻防、最後に笑ったのは…?
Fifty Shades of grating teeth: EL James ‘threatened boycott’ of film if dialogue rewritten | The Guardian(”** shades of ~”系のモジリが大量生産されるなか、この見出しはお気に入り)

Sam Taylor-Johnson and EL James. Photograph: PA (via The Gardian)

Sam Taylor-Johnson and EL James. Photograph: PA (via The Gardian)

監督や脚本家にしてみれば、文学的な評価が決して高いとはいえない原作を、いかに優れた映画に仕立て直すかが腕の見せ所。映画制作会社Universalは、受賞経験のある脚本家を雇い入れます。ところが原作者Jamesさんは、脚色やセリフの変更要求に徹底抗戦。

[…] James went through the final screenplay and removed all Marber’s tinkerings, threatening to alert her fans on social media if she were challenged.

The Hollywood Reporter also claims James, and not director Sam Taylor-Johnson, had final say over the movie’s dialogue.

原作者、強ーっ!!! 😯 😯 😯

Jamesさんは、もとは英TV業界、そして『トワイライト』(小説・映画ともに酷評されながらファンの熱狂的な支持を得て商業的には大成功をおさめた)ファンダム出身です。上の記事に見られるような強硬姿勢は、ファンベースやファン心理については肌感覚で知っているという自信のあらわれなのかもしれません。重要なのは自分やFSoGファンが満足できる作品づくり。批評家や世間一般の評価なんて、最初からほとんど気にしていないのではないかしら(そんなのをいちいち気に病んでいたら、Twihardなんてやってられません)。

これでは対立が起きないほうがむしろおかしい。ハリウッドではふだん隅に押しやられがちな女性が、原作者や監督として真正面から角を突き合わせ、パワフルな勝負を繰り広げただなんて痛快ではありませんか。

Jamesさんの脅し文句がはったりでないことは、映画制作会社も十分理解しています。当初、主役のGrey役をオファーされた俳優さんは、ファンダムの 轟々たる不賛成の声を受けてあっさり降板させられ、2人目のDornanさんも苦労されているご様子。映画公開前のPR行脚が相当過酷だったのか、もはややけっぱちに近いような…。

“I think a lot of people try to undermine the whole thing,” he says. “But it’s hard to undermine something that’s so successful. Mass appreciation doesn’t always equate to something good. Think of Hitler! […]

“The other day, this woman came up and started shouting at me, ‘Matt Bomer’s the real Christian Grey,’ ” Dornan says. “And I was like, um, okay.”
(Elle, January 12, 2015)

しかし、原作者がここまで頑張ってくれるというのは、それが吉と出るか凶と出るかは別として、ちょっと羨ましい。私の大好きな小説も映画化されることが決まり、おかげでキャストが発表されるたびにそわそわしてしています…。

さて映画FSoGのレビューですが、これまでに見聞きしたのは、極悪な原作にもかかわらず、監督とヒロイン役Dakota Johnsonのおかげでヘイターが望んでいたほど酷い作品にはなっていないという案外好意的なものと、酷評の書き方コンテストみたいなの(ファンフィク読者として言わせてもらえばトンチンカン批評も混じっている)。なんとなくSam Taylor-Johnson監督も不利な条件のもとで善戦したという印象です。

FSoGのDVD特典に、原作者と、それとは別に監督&脚本家の音声解説をつけてくれたら、それぞれ面白い話が聞けるに違いありません。映画『プライドと偏見』の監督みたいに、2時間ノンストップでしゃべり倒してほしいな(笑)。

柔軟剤から赤ちゃん用品まで、なんでもありの便乗商法

原作者Jamesさんが監修した『Grey氏のお道具コレクション』をはじめとして、各種取りそろえてあります。以下はほんの一例。

Fifty shades of grey, tacky merchandise | The Guardian

Photo: The Guardian

Photo: The Guardian

  • 赤ちゃん連れでお越しください、ママやパパのためのFSoG上映会(赤ちゃん寝通してくれるといいですね…)。
  • いつものアールグレイより複雑な香り? Fifty Shades of Earl Grey紅茶。
  • 背徳にまみれた[1]あとは、FSoG印の柔軟剤を使ってお洗濯を。
  • FSoG仕様のテディベア。クマちゃんはダークスーツに身を包み、ネクタイの色はもちろんグレイ。小道具もついてきます。

すでに続編の製作も決まったという映画が完結したあとで、ユニバーサル・スタジオに『Grey氏とAnaの秘密の部屋』というR指定のアトラクションが登場しても驚きません。

英国の大手ホームセンターB&Qは、映画公開にそなえて在庫を増やすよう指示
Fifty shades of grey tape: B&Q tells stores to stock up on b*****e hardware | The Guardian

商魂たくましい、いやいや、プロですな。Grey氏の『趣味のお道具』の一部は、地元のホームセンターで入手可能です。さらには映画に触発されて部屋の壁紙を張り替えたり、すでにある家具に手を加えてみたいという方もいらっしゃるかもしれません。ご質問があれば、それがDIYについてであれロープや結束バンドの常ならぬ使用方法についてであれ、遠慮なく店員に声をかけてください。

「お客様のあらゆるご要望にお応えすることが、わたくしどもの最優先事項でございます(キリっと真顔で)」。


FSoGがまだ『トワイライト』のファンフィクだったときは、Edward(のちのGrey氏)の『趣味』やBella(同じくAna)が体験するあれこれについてインターネットで調べようとしても、ヒットするのはポルノまがい、あるいはポルノそのもののどぎついサイトばかりで、気分は悪くなるし(笑)、どこまで信じていいのやら判断がつきませんでした。

それからわずか数年後の現在、一部のホームセンターへ行けばきっちり予習をすませた店員さんが待ち構えており(FFS!!!)、ハーバード大学では公開講座が開かれ、VOGUEが関連記事を掲載し、実際的かつごく健全な初心者のためのガイドのような、信頼性の高そうな情報にもわりあい簡単にアクセスできるようになっています(少なくとも英語圏では)。

小説FSoGが例外的に売れなかったという日本において、映画版FSoGは、はたしてどんな歓迎をうけるのでしょう。EL Jamesさんに奥ゆかしいと指摘されたやまとなでしこたちは、寝室の外で互いに語りはじめるのでしょうか?

(以下はややネタバレ気味の公式予告編と、オススメのパロディ動画)

続きを読む

カテゴリー: All Human, Twilight, 四方山話 | タグ: | 2件のコメント

【残りわずか!】Last Tango in Forks by AwesomeSauce76

R18Summary: Bella Swan has spent a lifetime putting everyone else’s needs before her own. Could a chance encounter with a mysterious stranger begin to change all of that? AU/AH

Twilight – Rated: M – English – Romance/Angst – Chapters: 34 – Words: 189,909 – Reviews: 16621 – Favs: 8,727 – Follows: 5,704 – Updated: Jun 25 – Published: Apr 24, 2010 – Bella, Edward – Complete

Story URL: https://www.fanfiction.net/s/5918985/1/Last-Tango-in-Forks

みみ’s rec:
guest
このたび出版のはこびとなり、2週間後に引き上げされます。
antsyな過去に傷持つArtward。 後半はちょっと飽きたし、展開が都合よすぎて「おいおい」とつっこみたくなったものの、適度なドキドキ感はありました。revも10kごえで人気作?のようなので、まだ読んでない人は今のうちにどうぞ。


ionnia’s rec:
ionnia
なつかしの人気作ですね、これも出版されるのか~!

エドワードが画家、プラスある食材が出てくるので、トンチンカンなわたくしはオー・ヘンリー某作品を連想してしまいました。もちろん、タイトルからして映画『ラストタンゴ・イン・パリ』を意識しているのは明らかですが、映画は見ていないし、おそらく一種の逃避モードだったものと思われます(笑)。

途中放棄したものの、星をつけるなら3(エドワードとベラよりも、ローズのその後が気になる…)。Smut、エロチカがお好きな方は試してみるといいかもしれません!


Fic Recsでは引き続き、ゲスト・レビューアを募集しています。まだレビューの掲載されていない面白い作品がありましたら、ぜひこちらから! >> Fanficレビュー募集中!

カテゴリー: All Human, Deleted, Twilight | タグ: , , | コメントをどうぞ

Paper CutOuts by twistedcoincidence

ゲスト・レビュー第2弾、今回はASさんから投稿していただきました! 🙂

Summary: Bella prefers the virtual to the actual, but feels herself being tugged from the safety of her online realm into the world of a rough edged Edward. This time she’ll write her own story. Collab with astilbe13 AH/AU

Twilight – Rated: M – English – Romance/Angst – Chapters: 34 – Words: 136,587 – Reviews: 10111 – Favs: 5,915 – Follows: 3,583 – Updated: Feb 16, 2011 – Published: May 24, 2010 – Bella, Edward – Complete

Story URL: https://www.fanfiction.net/s/5993964/1/Paper-CutOuts

AS’s rec:
guest
ベラは通販のダイエット薬を売っている電話オペレーター。
ちょっと現実逃避気味でフェイスブックの友達の数が心のよりどころです。
ある日、会社の窓から見かけた向かいのバーの店員が気になり、勇気を出して中に入ってみる…。
このE様はタトゥーだらけの口の悪いシングルファーザーで、特にお金持ちでもなく、暗い過去や秘密もないバーのオーナーさんです。
オリジナルのEにはあんまり似ていない。ちょっと強引な(ここは似ているか。)Eに振り回されながら、少しずつ2人の距離が近づいていきます。
特に大きな事件があるでもなく、BPOVとEPOV交互に淡々と話は進んでいく感じですが、犬やEの息子のFinn君が可愛くて、ちょっとしたエピソードや会話が楽しかった。

途中からパターンが見えてきていきなり退屈になりましたが、短めの話なので飽きずに読み終えることができました。
Lemonが若干多め?(最近よくわからなくなってきた…)それ以外は安心して読める内容で、ジェットコースター系に飽きたときにイイかも的なお話です。

4 Stars


ionnia’s rec:
ionnia
漫然とむなしい毎日を過ごしていたベラが、エドワードと出会うことで……というTwificにはまことによくある『ベラの自分探し』系、しかし気が利いたキュートな作品でした。

Angstは軽め。セクシーでちょっと変わり者のDaddywardから「きみはまったくクレイジーで完璧からはほど遠いけれど、そこが最高なんだ」と言ってもらいたい、あるいは愛らしい3歳児フィンとおかしな飼い犬ウォルトに癒されたい、現実世界にすこし疲れてしまった女子にオススメ。バーチャル世界から踏み出して現実世界に自分の場所を見つけたベラのことを考えると、アイロニックですね(笑)。

ASさんのレビューにもあるように、後半やや失速がみられ、私は(またまた)途中放棄。星は3プラスをつけました。


Fic Recsでは引き続き、ゲスト・レビューアを募集しています。まだレビューの掲載されていない面白い作品がありましたら、ぜひこちらから! >> Fanficレビュー募集中!

カテゴリー: All Human, Twilight | タグ: , , | 2件のコメント

Twific入門者にオススメしたい、ハイスクールfic【壮絶編】

ハイスクールfic【ほのぼの編】にひき続き、【壮絶編】です。お試しの際は、念のためティッシュの箱を抱えてどうぞ! 😉

Wide Awake by AngstGoddess003

  • Summary: Edward and Bella have dark pasts that leave them severely emotionally scarred, with nightmares that force them to stay awake. They meet and begin to form a bond during the night hours. AH, Highly OOC, Rated M for dark themes. No rape, no cutting. BxE
  • 『トワイライト』のファンでもないわたくしが、Twificにハマるきっかけとなった作品です。高校生エドワードは、ヴァンパイアではないけれど理由(わけ)あって不眠症。この出色な設定に感心してしまったのが運のつきでした。個人的に妙にツボだったのは、逆ラプンツェル風に「ひとりでせっせとよじ登るベラ」。Teen angstとlemon、おまけにクッキー(読めばわかる)がてんこ盛り。

High Anxiety by EdwardsBloodType

  • Summary: Cute, trendy Bella returns home to escape the heartache of her past. She immediately befriends neighbors Jasper and Edward, bonding with them in the treehouse out back. Bella and Edward discover they have more in common than they ever dreamed of. AH A/U
  • Teen angst、パニック発作、向精神薬、そしてlemonの祭典。上記WAと同系統です。

Dead on My Feet by Cesca Marie(Abria Mattina

  • Summary: Recovering from a serious illness, Edward knows what it is to be invisible but obvious to everyone around him. Bella, who has watched a loved one die of protracted illness, understands the tightrope-act of life in an unpredictable body. Alienated by his disease, Edward finds a friend in Forks’ newest resident. The only problem is that she sees far more than anyone else does – including the things he doesn’t want seen.
  • 良くも悪くも『勢い』だけで書いたようなフィクが多いなか、「この人は上手い…!」と思わせる作家さんでした。New Moonの『ベラ復讐編』とも読める展開がおもしろく、フィクに手を加えて小説として出版されたことがちょっと残念。フィクは削除ずみ。

Hide and Drink by Savage7289

  • Summary: Bella’s blood was just too tempting to be ignored. While Edward drags her around the world, barely keeping a step ahead of his frantic family, Bella battles the monster for possession of the gentler vampire inside her captor. Rated M-violence/Mature theme
  • 『ベジタリアン』であることを放棄したエドワードが、ベラを誘拐・監禁、逃避行。吸って吸って吸いまくります。賛否両論あるだろうdark fic。

Emancipation Proclamation by kharizzmatik(JM Darhower

  • Summary: Edward grew up in a life of money, power, & respect. Isabella was born into slavery-has never known another way. Their worlds collide & neither will ever be the same again. Will he give her freedom? Can he bear to ever let her go? AU-H OOC *Set in 2005*
  • ハイスクールficの枠には納まりきらない作品ですが、一応ここでもオススメしておきましょう。Fandom Fights Tsunamiには後日談“Principessa”が掲載されました。レビュー

Not Like This by pomme_de_terre

  • Summary: Edward leaves Bella, much like the beginning of ‘New Moon’, however, this time, they are all human and there is quite the twist. Why did Edward leave Bella? And what secret is Bella keeping when he leaves? Can they make a nightmare turn into a dream?
  • New Moonのall human版。カレン一家から見捨てられたベラは、ある秘密を抱えていた…。こういう場合の「秘密」ってアレしかないですよね~。

Clipped Wings and Inked Armor by hunterhunting

  • Summary: Haunted by her past, Bella is broken and alone. Starting over in a new city, can she let go of the guilt that consumes her when she meets a beautiful tattoo artist, or will his own personal demons destroy them first? AH/OOC
  • こちらのベラは大学生ですが、ついでにご紹介。そもそも壮絶なストーリーなのに、超ムカつくオヤジまで出てきて、ベラも読者も気の休まる暇がありません!

以上、ハイスクールfic【壮絶編】でした。POVがころころ変わったり重複が多かったりと、おせじにも洗練されているとはいいがたい作品が多いものの、どろどろした昼メロに似て中毒性があります。大見得を切ってオススメ、というよりも、こっそり楽しむguilty pleasureの類ですね。

他にお気に入りのフィクがあるという方は、コメント欄から教えてくださいね!

カテゴリー: All Human, Alternate Universe, AU with Vampires, Deleted, Favorite Story, OOC, Twilight | タグ: , , | コメントをどうぞ

Twific入門者にオススメしたい、ハイスクールfic【ほのぼの編】

原作のように、エドワードとベラが高校に通う--。小説・映画『トワイライト』のファンがまず最初に読んでみたいと思うのは、もしかしたらこんなファンフィクションかもしれません。先日、Twific入門者だとおっしゃる方から質問をうけ、実はハイスクールものが苦手なイオが、みみの助けをかりてオススメ作品をリストにしてみました。

ちなみに、サマリーで使われているフィク用語を簡単に説明しておくと…

  • AU: Alternative Universe。Twi-fandomでは「ヴァンパイアが登場する作品」という意味で使われる場合が多い。
  • AH: All Human。ヴァンパイアが登場しない作品。
  • OOC: out-of-character。キャラクター設定/造形が、原作から外れていること。
  • Lemon: エロチックな描写あり、の意味。urbandictionary.comによると、語源は日本のアダルトアニメだそう。知らなかった! 😯

Best Laid Schemes by EZRocksAngel

  • Summary: Bella makes a deal that turns her world upside down.
  • 軽くて面白いハイスクールロマンス。(みみ) レビュー

Remember Me by IsaKassees

  • Summary: “If I only got one day a year, I would make it count.” One secret tree, one magic sunset, one chance to make a wish. Childhood sweethearts turned penpals, they grow up together and apart, falling in like, lust and love. E B, OOC, AH, A/J
  • 原作とはかけはなれているけど(笑)幼馴染物で超かわいい。(みみ)

Rhapsody in B by Lillybellis

  • Summary: When a rising musician falls in love with his small-town childhood friend, can their yearly New Year’s Eve tradition bring them together once he rockets to stardom and leaves her behind?
  • AH。脇役も含めてかなりOOCだけれど、穏やかな魅力のある作品。(イオ) レビュー

Tropic of Virgo by In.a.blue.bathrobe

  • Summary: He’s a young but jaded musician writing lyrics for his band, and she’s a naive, frustrated poet looking to break out of her shell; their words collide online. What happens when they meet in high school, unaware of their literary connection?
  • 面白かったことは覚えているものの、内容はさっぱり。読んだ人は感想など教えてください!(イオ)

The Red Eye by badjujube

  • Summary: It’s important for any private investigator to maintain a good relationship with local law enforcement and it’s representatives. Therefore, I am always cooperative and polite with Chief Swan. Also, I try not to drink his daughter Bella’s blood. Complete.
  • AU、ベラのみ高校生、ヴァンパイアのエドワードはお仕事してます。レビュー

おまけとして、ハイスクールficのカテゴリからは外れるものの、原作の延長のような作品もご紹介します。

Beyond Time by TKegl

  • Summary: After the Cullens leave Forks, a twist of fate lands Bella in Chicago in 1918. She thinks it’s a second chance to build a life with Edward, but when she finds him, he’s not quite what she expected. Can Bella create the future she’s hoping for?
  • タイムスリップもの。原作に近くて超おすすめ。(みみ) レビュー

Only Human by Amethyst Jackson

  • Summary: Complete. A wish sends Bella back in time to Chicago, 1918, and to a human Edward. This story is baby-free.
  • タイムスリップものといえばこちらもオススメ。ベイビー・フリーだけれどlemonはあり!(イオ) レビュー

When Fiction Becomes Reality by BITTENEV

  • Summary: Bella is a writer whose most successful book is one she wrote about Edward, her high school crush. Edward is now an A-list actor and has signed on to star in a movie based on Bella’s creation. AU/AH Bella-of-the-Ball continuation.
  • 回想シーンにE&Bのハイスクール生活の描写あり。未完レビュー

Let your Light Shine by LolaShoes

  • Summary: The honeymoon beginning at the fade-to-black and continuing through Edward and Bella’s exploration of intimacy, communication, and how to achieve forever together. ExB, AU Breaking Dawn. Rated M for lots of lemons.
  • これは原作の続きって感じだし、はいりやすいかな?(みみ)
  • そうそう、BDのハネムーンをがっつり濃厚に、という作品だったね。(イオ)
  • 削除済み。ただ、人気作家さんの人気作なので、古参ファンは持っている人が多いはず。尋ねてみるといいかも。

また、特定のジャンルから作品を探したい場合は、以下のようなサイトを試してみてはいかがでしょうか。『ハイスクール』『歴史ロマンス』『お医者さんエドワード』『シングル・ペアレント』などなど、細かく分類されています。

ファンフィクをダウンロードする方法もいろいろあります。


以上、ハイスクールfic【ほのぼの編】でした。他にもオススメがありましたら、ぜひコメント欄から教えてくださいね。 【壮絶編】はまた今度!(?)

カテゴリー: All Human, Alternate Universe, AU with Vampires, Deleted, Favorite Story, OOC, Twilight | タグ: , , | 2件のコメント

Sold, Sight Unseen by quothme

Summary:The odds of him dialing her phone number are 3,720 to 1. Yet he does. Their chance conversation leads to something more. Something silly, then serious and a little scary. But in a good way. AU

Story URL:https://www.fanfiction.net/s/5662941/1/Sold-Sight-Unseen

Rated: Fiction T – English – Humor/Romance – Bella, Edward – Chapters: 10 – Words: 26,130 – Reviews: 1,490 – Favs: 2,809 – Follows: 537 – Updated: Jan 18, 2010 – Published: Jan 13, 2010 – Status: Complete – id: 5662941

niemama’s rec: niemama
ハイ、quothmeさん祭り第3弾!もうしつこいって(笑)?いやいや、もう少しお付き合いください。実はですね、しばらく行方不明だったniemamaですが、ファンフィクはガッツリ読み続けていたのですよ。しかし、現実の忙しさもあり、(先日の大雪ではどうなるかと思いました・・・)さらに、なかなか「感想を書きたい!」というフィクに出会えなかったのもあり、本サイトの更新は、二の足を踏んでいたのです。しかし、そんなスランプを吹き飛ばし、「これは感想書かないといかん!」と思わせてくれた作者さんに敬意を表し、お祭り第三弾とさせていただいているのです。

ある日、仕事から疲れて帰ってきたベラに、全く知らない男性から電話がかかって来ました。彼の名はDrew。退屈だったのでランダムに電話をかけてみたと言う彼と、やはり退屈だったベラは電話で会話を重ねていきます・・・。

よくありそうな設定の上に、大した事件も起きません。前半はひたすらこの二人が電話でだべってるだけ。しかし、面白い。この作者さんの作品全体に通じる、飄々としたベラのキャラクターにクスリと笑いつつ、テンポのよい会話を読み続けていると、中盤ドラマが起こります。またもやhumorのジャンルに騙されました。最後はちょっとハラハラドキドキしつつ、最後は安心の大団円。あーよかった。(何せ前科がある作者さんなので・・・。AitICは面白かったけど、しばらくバッドエンドな物語は遠慮したい気分ですわ)

3 Stars

カテゴリー: All Human, Twilight | タグ: , , | コメントをどうぞ